2008年06月12日

【マクロの保存先】

◇エクセル [Excel] – マクロ ───

マクロの自動作成機能を使用すると、作成したマクロの保存先を三者択一で指定させられる。

その保存先は、

☆「作業中のブック」
☆「新しいブック」
☆「個人用マクロブック」


どれでも好みのものを選べばよいが、2つの大きな違いがある。

1)そのファイルを開いていないと、マクロが使えない。
  → ☆「作業中のブック」 (使用中のファイルに保存される。)
  → ☆「新しいブック」  (もう一つ別のファイルが作成される。)

2)エクセルの起動中なら、いつでもマクロが使える。
  → ☆「個人用マクロブック」

⇒ 「個人用マクロブック」とは、
 PERSONAL.XLSという名前のファイルが作成され、非表示の設定になっている。
 エクセルを起動すると、この隠しファイルも一緒に開くようになっている。

※非表示のファイルを表示させるには、
 @ ツールバーの[ウィンドウ]−[再表示]を選択する。
 A 一覧表の中から、該当するファイルを選択する。
 B OKをクリック。

※逆にファイルを非表示にするには、
 ツールバーの[ウィンドウ]−[表示しない]を選択する。

posted by memopy at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エクセル [Excel] -マクロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。