2009年01月03日

【0で始まる数値を入力する】

◇エクセル [Excel] – 一般 ───

エクセルは、セルに入力したものが数字だけの場合は数値を判断する。
さらに(初期設定では)セルの右側に寄せ、先頭に0がつけられている場合は不要な数値と判断されて省略表示する。

通常は何の不都合もないが、「いつも5桁表示にしたい」とか「顧客番号」などで、先頭に「0」がついているのが正しい番号だというケースもある。

そんな時に先頭に0を表示させる方法がいくつかある。


0で始まる数値を入力方法(1)
セルの書式設定を変更して表示させる。
@ 入力するセルを選択する。
A[書式]−[セル]−[セルの書式設定]ダイアログボックスを出す。
B[表示形式]タブの「分類」で[ユーザー定義]を選択する。
C「種類」ボックスに表示させたい書式を入力する。

  ☆例えば、5桁表示させる時は『00000』などと入力すればOK。
   → 例えば「00001」などと表示される。

0で始まる数値を入力方法(2)
数値の前に「’」を入力する。
数値ではなく文字として認識されるので、先頭が0でも表示されるようになる。

※ただし、文字になると計算などが出来なくなる。
※大量に入力する時は、手間がかかるという欠点がある。

0で始まる数値を入力方法(3)
入力するセルの表示形式を「文字列」にする。
@ 入力するセルを選択する。
A[書式]−[セル]−[セルの書式設定]ダイアログボックスを出す。
B[表示形式]タブの「分類」で[文字列]を選択する。

※ただし、文字になると計算などが出来なくなる。
※不用意にセルをコピーしたりすると、文字列のセルがシートに点在することになり、後で不都合が起こる可能性がある。

posted by memopy at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エクセル [Excel] - 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。