2008年11月19日

【条件を満たすデータを合計する】

◇エクセル [Excel] - 関数 ───
SUMIF関数 (サムイフ関数)

範囲内の指定した条件のデータの数を数える。
=SUMIF(範囲、検索条件、合計範囲)

範囲   ⇒ 検索を実行するセルの範囲を指定する。
検索条件 ⇒ 検索する為の条件を指定する。
合計範囲 ⇒ 合計を求めるセル範囲を指定する。

※検索条件は、数値データ以外は「“」で挟む。
 また、検索条件を記入したセルを指定してもよい。

――
例)=SUMIF(B2:B100,”椿”,C2:C100)

――
ワイルドカード
「*」という記号をワイルドカードという。(半角)
ワイルドカードを利用すると、ゆるやかな検索が出来る。

例)椿* ⇒ 「椿」で始まる文字列。… 椿姫
  *椿 ⇒ 「椿」で終わる文字列。… 花椿
  *椿* ⇒ 「椿」が含まれる文字列。前後の文字は問わない。

PC雑学ノート
posted by memopy at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エクセル [Excel] - 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。