2008年06月28日

【横棒グラフで項目が逆になる】

◇エクセル [Excel] - グラフ ───

エクセルで表をもとにグラフを作成すると、項目の順番が逆になってしまう。
→「1、2、3」 → 「3、2、1」

並び順などどうでもよい場合はそれでもよいが、通常は順番が変わると意図せぬ結果となる。
特に、大きいもの順や小さいもの順に並べた時などは特に困る。

♪そもそもどうして逆になってしまうかというと、エクセルは表の上にあるデータから情報を読み取り、グラフ表示させる仕様になっている。
このやり方は当然というか当たり前の事で何の問題もない様に思われるが、グラフで先に並べ表示させるのは、原点「0」に近い方が並べることを意味する。

通常のグラフは一番下に原点があるので、表の一番上にあるデータがグラフでは一番下に表示されてしまう理由である。

そんな時に、仕方なくユーザーが表の通りに表示させる方法がある。

@並び順を変えたい項目をダブルクリック
 (又は右クリックで「軸の書式設定」を選択)
A[目盛]タブを選択
B『軸を反転する』と『最大項目でY/数値軸と交差する』をチェックする。


※最大項目とは、表の一番下にあるデータのこと。

全国ランキングも出る!!
脳を楽しくトレーニング!!


posted by memopy at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エクセル [Excel] - グラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。