2008年06月21日

【セルの行番号を求める】

◇エクセル [Excel] - 関数 ───
ROW関数(ロウ関数)

セルの行番号を求める。
=ROW(範囲)

※引数は空欄でもよい。


―――――
♪一番手軽に利用できて、かつ利用価値のある使い方の一つに「表の番号付け」がある。
表の左側に「1、2、3…」とつげていく数字のこと。

数字を(たとえば)1から一つずつプラスして記入していくのは、よくある表の形式であるが、番号をつける方法はいくつかある。

☆そしてこのROW関数を使用しても簡単に番号づけをすることができる。
ポイント1)通常、表の1行目はタイトルであるので2行目から番号をつける。
      → 2行目が「1」になる。
ポイント2)2行目をROW関数で求めると「2」になる。
ポイント3)よって、ROW関数で求めた数字から「1」をマイナスすれば「1」になる。
よって、「1」を記入したいセルには下記の計算式を入れる。
=ROW()-1

☆以下、番号を入れるセルまで下にコピーいていけば、「1、2、3…」と番号がふられていく。

メリット)  途中の行を削除・追加しても、番号を修正する必要がない。
デメリット) 行の内容と数字をが固定させたい場合などは、行を削除・追加すると数字が変更してしまう。

冷え対策・手首保護に!
じんわりポカポカ☆新感覚サポーター

posted by memopy at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エクセル [Excel] - 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。