2008年11月26日

【相対参照と絶対参照】

◇エクセル [Excel] – 一般 ───

相対参照
初期設定は相対参照になっているので、エクセルの基本ともいえる。
「上下左右斜め…の方向に、いつく目のセル」というように、セルの位置関係で該当セルを特定する。
※基本となるセルの位置が変わると、相対的に他の関連するセルも変わっていく。
※通常は、計算式をコピーする時などに相対参照の方が便利なケースが多い。

絶対参照
相対とは対照的に、絶対該当セルの場所が変化しない方式。
→「$A$1」の様に、行列番号に「$」を追加して表示する。
※参照するセルを固定させて、計算式をコピーする時などには絶対参照を用いる。

――
絶対参照にする
計算式を入力中に絶対参照にするには、入力中に「F4」キーを押す。
→ 行列番号に「$」が追加されて、絶対参照になる。

「F4」キー複数回押すと『複合参照』に変化していく。
F4キー1回目 → $A$1 → 行列の固定
F4キー2回目 →  A$1 → 行のみ固定
F4キー3回目 → $A1  → 列のみ固定
F4キー4回目 → A$  → 固定なし
F4キー5回目 → $A$1 → 行列の固定(元に戻す)

※「$」を手入力することも可能。

posted by memopy at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | エクセル [Excel] - 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。