2008年11月11日

【年齢を年代に分類する】

◇エクセル [Excel] - 関数 ───
[関数の応用]

名簿などのリストを年代別に分類することがよくある。
リストに年齢が記入されていたら、関数で年代を表示することが出来る。

使用する関数は、
ROUNDDOUN関数 (ラウンドダウン関数)

数値を、指定した「桁数」で切り捨てる。
=ROUNDDOWN(数値、桁数)
※数値に、年齢の記入されたセルを指定する。
※桁数に「−1」にする。

例)=ROUNDDOWN(15,-1) → 10 (10代)
例)=ROUNDDOWN(22,-1) → 20 (20代)
例)=ROUNDDOWN(35,-1) → 30 (30代)

桁数 ⇒ 0が「少数第1位」、1が「少数第2位」、2が「少数第3位」…と続く。
    −1が「1の位」、−2が「10の位」、−3が「100の位」…と続く。
※数値が正と負に関係なく切り下げる。

PC雑学ノート
posted by memopy at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エクセル [Excel] - 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。