2008年10月24日

【重複データのチェック】

◇エクセル [Excel] - 関数───
[関数の応用]

名簿などのデータを入力する際には、重複データがないかの確認作業が必ず発生する。
確認の仕方は様々あるが、以下のIF関数(イフ関数)とCOUNTIF関数(カウントイフ関数)を組み合わせた確認方法もその一つ。

一覧表データの、重複入力をチェックする。
@リストの予備列にチェック欄を確保する。
 (通常は、列になるが、行になっても考え方は同じ。)
Aチェック欄の列のセルにCOUNTIF関数を入力する。
 → 関数の「範囲」には、重複チェックしたいデータの列を指定する。
 例)=IF(COUNTIF($B$2:$B$100,B2)>=2,”重複”,””)
⇒重複データのある行(予備列)に「重複」と表示される。
※上記の計算式は、コピー可能になる様に、$をつけて指定セルを固定している。

 ※チェックするデータは、なるべく複数存在があり得ないものにする。
  → 会員番号などがあったら一番良い。
  → 電話番号もよいが、複数電話がある場合は、微妙となる。
  → 住所は、アパートの号室などの記入の差異でチェック漏れを起こす場合がある。
  → 名前でチェックする場合は、同姓同名もあるので、他のチェックを併用する必要がある。

――
COUNTIF関数 (カウントイフ関数)
範囲内の、指定した条件に合致したセルの個数を数える。
=COUNTIF(範囲、検索条件)

――
IF関数 (イフ関数)
条件に合った内容を選択する。
=IF(論理式、真の場合、偽の場合)

PC雑学ノート

送料無料!
1冊あたり2,100円(通常2,625円)
大サービスの10冊セットです!


posted by memopy at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エクセル [Excel] - 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。